WiMAX(GMOとくとくBB)は損!?実際に使ってみた感想、口コミと評判を調査!

こんにちは、海外ノマド生活から帰ってきたJRCです。

皆さん、WiMAXって使ってますか?

外でもインターネットに接続できて非常に便利ですよね。

中でもGMOとくとくBBのWiMAXは業界でも最安価と言われています。

でも、これって本当なんでしょうか?

 

  • 何か条件が無いと安くならないのでは?
  • 安くても、質の悪い商品しか取り扱ってないんじゃないの?
  • 実は他のプロバイダの方がもっとお得なんじゃない?

 

こんな疑問を持っている方も多いのではないのでしょうか。

 

そこで実際にGMOとくとくBBのWiMAXは本当にお得なのか?ということを実際に使って調べてみました。

使ってみて感じたメリット・デメリットや他プロバイダとの比較をわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧下さい。

 

WiMAXをGMOとくとくBBで申し込んでみた

まずは公式サイトにアクセス。サイト内のWEBフォームで申し込みをします。

最初のページでご利用可能エリアと注意事項が表示されるので念のため確認するようにしましょう。

次にルーター端末を決定します。おすすめはNECプラットフォームズ製のWX05。バッテリーが長持ちするの大きな特徴です。

次にクレードルの有無を選択します。クレードルとは充電台のことで、有線ポートがついています。追加料金が3,686円かかるので、有線接続が必要ない方は選ばなくて良いです。

そして次の選択が月額通信量です。月額通信量7GBの通常プランと月額通信量無制限のギガ放題がありますが、7GBでは足らないのでギガ放題プランを選択しました。

これらを選択すると、次は保証サービスの選択が表示されます。

安心サポート(300円)と安心サポートワイド(500円)の2つのプランがあり、どちらも故障修理が無料。

安心サポートワイドは水漏れによる故障も対応してくれます。

注意点は最初は必ず選択をしなければならないことです。よって不要な方は購入して翌月以降に解約手続きを行う必要があります。

最後にお客様情報を入力して申し込み手続きは完了です。

申し込み完了後、平均4営業日以内に発送され、自宅に到着します。

発送後は追跡番号がメールで届くため、どれほどで到着するか前もって確認できます。

機器の画像を見ながら手続きを進められるので、申し込み手順で分かり辛いと感じる点はありませんでした。

 

GMOとくとくBBのWiMAXを実際に使ってみた

Wi-Fiの接続方法

到着後にまずWi-Fiの接続を行いました。これは非常に簡単で、まず本体の電源を入れスマートフォンやPCの無線LAN接続設定で接続先を検索します。

そしてWiMAX本体に記載されているキーを入力して、認証が完了すればすぐに使えるようになります。

 

実際の速度は本当に速いか?誇大広告ではないか?

実際に使用してみると遅いと感じることはほぼ無く、快適に使用できました。

また実際に計測してみたところ速度は20Mbpsほど出ていました。

公式が発表しているWX05の速度は上り最大30Mbps。

十分公式通りの速度が出ていると言えるでしょう。

 

WiMAXの良かった点

実際に使用して良かったと思った点は非常に使いやすいということです。

Wi-Fiの設定がとても簡単であることに加えて、設定後に何か操作が必要ということもありません。

またバッテリーは10時間ほど持つので、外でも安心して使うことができます。

 

GMOとくとくBB(WiMAX)の悪かった点

悪かった点はサポートが混雑していることです。

一度契約内容に関して問い合わせをおこなったのですが、15分ほど待たされました。

公式サイトにも「12時〜15時は混み合い、また月曜日と金曜日は終日混む」と記載されているので、この時間を避けて電話をしたほうが良いですね。

が、使用後に問い合わせする機会はほとん無いです。

実際に使用していて、充分な速度でストレス無く使えていますので
この点は特に気にする必要はないでしょう。

 

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックで実質費用が圧倒的最安

実際に使ってみて使用感は全く問題ないことがわかったGMOとくとくBBのWiMAX。

では次に料金は実質費用はいくらなのか?ということを調べていきます。

高額キャッシュバック

本体の使いやすさに加えて、高額キャッシュバックがGMOとくとくBBのWiMAXの大きなメリットです。

その金額はなんと最大39,000円。利用しない手はないですね。

ただ、使用を開始して11ヶ月後に届くキャッシュバックメールから申し込みを行う必要があります。

また期限はキャッシュバックメール送信日の翌月末までとなっています。

必ず期限内に申し込みをするようにしましょう。

 

3年間の実質費用が最安

月額料金はギガ放題プランの場合、1ヶ月〜2ヶ月目は3,609円で3ヶ月目以降は4,263円となります。

毎月の費用からキャッシュバックを引いた3年間の実質費用は117,972円。

月額では3,277円となります。

実質費用が月額4,000円を超えるプロバイダも多くあることを考えると、相場を大きく下回ったとても魅力的な金額です。

本当にGMOが最安?他プロバイダとの比較

では本当にGMOとくとくBBは最安価なのか?ということ他プロバイダと比較して検証してみましょう。尚、全てギガ放題プランの料金を比較しています。

 

業界最安値を謳っているBroad WiMAXとの比較

まず比較するのはGMOとくとくBBと同様に業界最安値を謳っているBroad WiMAXです。

諸条件を確認すると、まずBroad WiMAXには初期費用として18,875円がサポート料などとは別途に必要です。

が、これは2019年1月現在、クレジットカード払いやWeb申し込みといった条件を満たせば無料となるキャンペーンが行われています。

月額料金は3,411円。GMOとくとくBBよりも852円安いです。

合計すると3年間の実質費用は122,796円となります。

しかし、Broad WiMAXにはキャッシュバックキャンペーンがありません。

そのため、3年間の実質費用を計算すると最大39,000円のキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBBの方が4,824円安くなり、断然お得です。

 

高額キャッシュバックを謳っているBIGLOBEとの比較

次に比較するのは同様に高額キャッシュバックで有名なBIGLOBE。

月額料金は4,342円。初月料金無料と最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンが魅力です。

これらを合計して計算すると3年間の実質費用は129,312円。実質月額料金は3,592円です。

GMOとくとくBBは117,972円なので、11,340円分BIGLOBEよりも安いということになりますね。

BIGLOBEの特徴としてはキャッシュバックを受け取ることが簡単であることが挙げられるでしょう。

申し込み完了後にWeb上の簡単なアンケートに答えておけば、13ヶ月後に届く振替払出証書を郵便局に持っていくだけで換金することができます。

GMOとくとくBBはキャッシュバックを受け取るために11ヶ月後に届くメールを見落とさないことが必須となります。

キャッシュバックの受け取りはBIGLOBEの方が簡単と言えますね。

が、GMOとくとくBBの方が3年間の実質費用が1万円以上も安いということは間違いありません。

 

安いと噂のカシモWiMAXとの比較

最後に比較するのは知名度は高くないものの、安いと巷で話題のカシモWiMAXです。

このプロバイダは料金設定が特殊で、1ヶ月目が1,380円、2ヶ月~24ヶ月目が3,580円、25ヶ月目以降は4,079円という3段階の料金設定がされています。

加えて初期費用が別途1,380円かかります。

2ヶ月〜24ヶ月目の間はGMOとくとくBBより月額料金が683円安いですね。

またキャッシュバックキャンペーンは存在しません。

3年間の実質費用は134,048円。実質費用で比較するとGMOとくとくBBの方が16,076円安いです。

業界屈指の安さを誇るカシモWiMAXと比較しても3年間の実質費用はGMOとくとくBBの方が圧倒的に安いのです。

 

他のポケットWi-Fiと比較してもWiMAXのほうがいいのか?

次にポケットWi-Fiと比較した場合でもGMOとくとくBBのWiMAXの方が良いのか?ということを調査しました。今回は主要5キャリアのポケットWi-Fiと比較をしております。

 

auWiMAXとの料金・速度・エリア比較

auWiMAXの月額料金は4,380円です。117円分GMOとくとくBBの方が安いですね。また2年間までしか契約することができません。

長期間使用したい方にとっては非常に不便ですね。キャッシュバックキャンペーンは存在しないため、2年間の実質費用は105,120円となります。

仮にGMOとくとくBBの2年間の実質費用を計算すると78,648円。

GMOとくとくBBの方が26,472円安いです。

価格面でGMOとくとくBBの方が優れていることは間違いありません。

速度は下り最大で758Mbps。GMOとくとくBBは下り最大440Mbpsとなるので、この点はauWiMAXの方が優れていると言えます。

しかし、先述したように下り最大440Mbpsでもストレスなく使用することができる場合がほとんどです。そのためそれほど大きなメリットとは言えません。また高速通信可能エリアにはほぼ違いはありません。

 

ワイモバイル(ポケットWi-Fi)との料金・速度・エリア比較

ワイモバイルの月額料金は4,380円です。auWiAXと同様に比較的高額ですね。最大14,440円のキャッシュバックキャンペーンが用意されていますが、スマートフォンのキャリア乗り換え(SoftBank以外)が必要となります。

キャッシュバックを利用した場合の3年間の実質費用は143,240円。

GMOとくとくBBの方が25,268円お得です。

キャッシュバックキャンペーン利用条件からも、GMOとくとくBBの方がお手頃ですね。

下り最大速度は612Mbps。GMOとくとくBBよりも高速です。

が、高速通信可能エリアはGMOとくとくBBよりも狭い範囲でしか使用できません。

GMOとくとくBBと比較した場合、優れている点は日常生活で使用していてあまり差を感じない下り最大速度のみです。

価格面に加えて使用感もGMOとくとくBBの方が優れています。

 

Yahoo ポケットWi-Fiとの料金・速度・エリア比較

Yahoo!ポケットWi-fiの月額料金は1ヶ月目〜3ヶ月目は3,696円。4ヶ月目以降は4380円となります。

キャッシュバックキャンペーンは用意されていません。

3年間の実質費用は155,628円となります。GMOとくとくBBの方が37,656円安いです。

特典として購入時に入会すると、Yahoo!プレミアムの月額料金462円が3ヶ月間無料となります。

下り最大速度はワイモバイルと同様に612Mbps。GMOとくとくBBよりも高速ですね。

しかし、高速通信可能エリアはGMOとくとくBBよりも狭いです。

Yahoo!プレミアム会員になるとYahoo!ショッピングのポイントが5倍となるため、Yahoo!で頻繁に買い物をする方であればお得と言えます。

しかし、3年間の実質費用はGMOとくとくBBの方が圧倒的に安いです。

 

softbankモバイルWi-Fiとの料金・速度・エリア比較

softbankモバイルは月額通信量が最大7GBまでのプランしか用意されていません。

動画を見たり、ネットサーフィンをしたりしているとほぼ確実に月7GBは超えてしまうので大変不便ですね。またキャッシュバックキャンペーンは用意されていません。

月額料金は3,696円で、3年間の実質費用は133,056円。GMOとくとくBBの方が15,084円安いです。

かつGMOとくとくBBはギガ放題プランの料金なので、断然お得です。

下り最大速度は612MbpsとGMOとくとくBBよりも高速。

が、高速通信可能エリアはGMOとくとくBBよりも狭いです。

メリットとしてはsoftbankモバイルは携帯のキャリアや回線がsoftbankの方はサポートを一社でまとめられるということが挙げられます。

しかし、トータル費用はGMOとくとくBBの方が間違いなくお手頃です。

 

docomoモバイルWi-Fiとの料金・速度・エリア比較

docomoモバイルは月額料金が6,900円。これはポケットWi-Fiの中で最も高額です。

かつこの金額は5GBの料金。以降は通信量が増えるにつれて金額も増えていきます。

例えば月額通信量が20GBだった場合、月額料金は実に8,280円。非常に高額です。

5GBの場合でも3年間の実質費用は248,400円。またキャッシュバックキャンペーンはありません。

比較するとなんと130,428円もGMOとくとくBBの方が3年間の実質費用が安いことがわかります。

加えてGMOとくとくBBはギガ放題の金額なので、docomoモバイルを選ぶ理由はほぼ無いです。

下り最大速度は788Mbpsと各キャリアを比較して最速ですが、440MbpsのGMOとくとくBBでも使用感に問題は無いので、メリットとは言い難いです。

また使用可能エリアはGMOとくとくBBと大きな違いはありません。

以上からGMOとくとくBBの方が圧倒的に安く、また使用しやすいことは間違いありません。

 

実際の感想、他社との比較をしてみた結果、GMOのWiMAXが1番おすすめできる

他プロバイダー、ポケットWi-Fiを比較してもやはりGMOとくとくBBのWiMAXが最も安いことがわかりました。

また実際に使用してみたところ、設定から使用まで非常に簡単に行えます。

設定後も、使い辛いと思うようなことは全くと言って良いほどありません。

申し込みから11ヶ月後に届くキャッシュバックキャンペーンの申し込みメールを見落とさなければ、キャッシュバック手続きも難しいものでは無いです。

以上の理由から、数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが間違いなく1番おすすめです。

 

【まとめ】実際に使ってみてわかったこと

今回は業界最安価と言われているGMOとくとくBBのWiMAXが本当に最安価なのか?実際に使用してみて問題は無いのか?ということを調査しました。

調べた結果、実質費用は本当に最安価。また使用感も問題ありません。

これからWiMAXを購入しようと考えている人はぜひGMOとくとくBBのWiMAXを選んでみてはいかがでしょうか。きっと満足することだと思います。